スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然か運命か

彼女との出会いは高校3年生の大阪国体でした。

同じ宿舎に泊まっていて、当時の私はスポーツ刈りのような頭をしていました(若気の至りです…)

どうやら、彼女のお目目にとまり写真を撮ってくださいと言われ1枚ツーショットで写真を撮りました。その時はそれでお終い。印象と言えば、彼女のなまりがすごいなぁということぐらい(笑)

そして、国体が終わって4ヵ月後。私はスポーツ推薦を受けるため、某大学の試験会場にいました。その時既に1次試験は合格していて2次の面接待ちをしているところでした。
するとなまりのきつい女の子が「私のこと覚えてる?」と話しかけてきました。私は「??」彼女が「国体で写真撮った○○高校の…」と言ってきて「あの時の!!」といった感じで彼女と運命的な再開をしました。その時は面接前で緊張していたこともあり何を話したのか覚えていませんが、お互い受かっていればいいねというようなことを話したのではないかと思います。

そして、年が明けた3月。合宿入りの日また彼女と再会しました。

大学生活は同じ釜の飯を食べ、大学2年の時はペアを組んでインカレ3位を取りました。私は途中で選手を引退することになってしまったので、合宿所を離れましたが、その後これも偶然ですが2人して留年してしまい(笑)ルームシェアをすることにしました。

ルームシェアは4年続きさすがに更新すると婚期をうしなうかもということでやめましたが、当時周りの人からよく女の2人暮らしできるよね?喧嘩とかしないの?など言われました。共同生活に慣れていたということもありますが、特に喧嘩も不満もなく過ごせました。年齢が26歳でなければまだまだ彼女と一緒に住んでいたかもしれません。

その後彼女は彼氏の家に住み、私は家を借りて今の旦那と同棲をはじめました。

翌年私は旦那と結婚。彼女も彼氏と結婚したかったようですがなかなかうまくいかず、一昨年実家に帰省し、そのまま実家に戻ることを決めてしまいました。
彼女の決断は、なぜか私にとってショックが大きく、迎えに行くつもりで彼女の実家まで行ってしまいました(新幹線と特急を使って5時間もかかりました)。まぁいろいろ話すと、彼女の意思は固く、当時の彼とこのまま続けても幸せになれそうにないとは私も思っていたので、連れ戻すことを断念して泣く泣く帰りました。

それから、2年。たまに連絡をとったり2度我が家に泊まりに来りもしました。

そして、本日彼女から結婚&妊娠報告のメールが届きました。予定日は2月で、今月入籍をし安定期に入ったら式を挙げるそうです。

私の方も引っ越したことと妊娠したことをまだ伝えていなかったので、併せて報告したところ、彼女は私の流産のことを知っているので非常に喜んでくれました。


私にとって「親友」「特別な存在」と呼べる2人の友人が、現在妊娠しています。

これは、偶然なのか運命なのか。

さすがに、ビックリです。
スポンサーサイト

やっぱり甘い…

今日病院の帰りに、セールをしていたということもあるのですが、旦那の為にネクタイとYシャツとステテコを購入しました。

ネクタイはちょっと前に捨ててあまり明るい色がないということで購入しようと思っていたのですが、Yシャツとステテコは私が入院中洗濯ができなかった時の為に購入しました。

タイミングが悪いと私が洗濯をすることができないまま入院ということになりかねないし、現時点で1週間は洗濯しなくてもなんとかなりますが、翌週がまわらないというくらいの数しか持っていないので、念のためです。
しかも、立会い出産をするので殆ど休むことなく仕事もすることになるので、旦那の体力は100%限界を迎えると思います。また事故なんておきたら嫌なので旦那にも無理はしなくていいからとは言ってます。

旦那は疲れていると本当に何もしなくなるので、今日も本当は事故処理関係の書類などやらなくてはいけないのにのびのび。「あとでやる。」「明日やる。」と言って、早く帰ってきてまるちゃんと会話を楽しんで、お風呂も入らずソファで寝ております。

出産後の書類関係は基本旦那に任せてあるのですが、このままだと非常に不安なので近日中にリストアップしておこうと思います。

そして、出産兆候が陣痛から始まるようなら、カレーを作って,洗濯をして…

なるべくお金をかけることなく、私がいなくてもある程度いつも通りに過ごせるようにできればと考えています。

やっぱり甘いですよね。。。

このままだと旦那はお金を稼いでくるだけの人になりかねないですね。頑張ってもらいたいものです。

結局甘いんだよなぁ~

今日も朝から体がだるくて何もしたくない状況。

本当は掃除しなきゃいけないし、運動しなきゃいけない。

そんなことを今日も仕事に行った旦那にメールしたら、掃除は明日やってくれるとのこと。

お昼もその辺にあるお菓子とヨーグルトで済ませ、ずっと横になってTV鑑賞。


だらだらしながら考えたことは、明日しか休みのない旦那のこと。ただでさえ、父の日の為みんなで食事に行く予定だったりするのでゆっくりできない。

結局気持ちと体を奮い立たせて、掃除をしてしまいました。

なんだかんだと言いながら旦那に甘いんですよね。不機嫌になりつつも、あまりガミガミと言わないし、細々言うのも嫌だし、だからダメなのかなぁ~。

しんどい…

ただいま我が家の室温31℃湿度55%です…

暑さと疲労でなんだかイライラするので、愚痴ります。




今日は検診日にもかかわらず、唯一の晴れということもあって、朝から勢力的に動いて洗濯をしました。あと木曜日は燃えるゴミの日なのである程度は昨晩から準備していましたが、朝食で出る生ごみなどがあるので旦那の朝食の準備をしながら3つくらい同時進行で動いていました。自分の準備もだから4つかな。
旦那が家を出る時にいつもならゴミを捨ててもらうのですが、前日にまた腰を痛めたようで私がゴミを出すことに…

以前からゴミ出しは旦那のお仕事でした。それは今もかわらなくて、今日は特別なんですが、まとめるのも昔は旦那がやっていたんです。でも、やるのはゴミ箱に入っているものをただまとめるだけ。シンクの生ゴミなどは忘れないで捨ててくれる時もありますが、何せギリギリに行動する人なので忘れることも多々。生ごみ入れを洗ったりするのは私なので結局自分でやった方がよくなってしまい、今はただ出してもらうだけ状態。

そして帰宅して疲れと背中&腰の痛みと暑さでへとへとでしたが、乾いた洗濯をとりこみ、植木などに水をやり、洗濯を畳んで、家計簿を締めて、夕飯の準備。夕飯は今日のことを考えて昨晩から仕込んでおいたので楽でした。

30分くらい休憩して、旦那帰宅。

夕飯の準備をして、今日の検診でもらったエコー写真を見せて、私は車を借りてスーパーへ買い物へ。

帰って来ると、まぁ案の定自分が使った食器は水につけたまま。それでも、注射と軽く腰のマッサージはしてくれました。

あまりだらだらすると動きたくなくなるので、さっさと食器を洗って、お風呂に入りました。

お風呂から出ると、旦那はリビングで寝ていました。

私としては、結局寝汗をかくとしても、1日の汚れを落としてから寝て欲しいんです。特にしばらく雨続きで洗濯できないし、旦那は皮膚が弱く汗疹がすでにできている状態だし。でも、夜お風呂入るの嫌みたいなんですよね。

今日旦那が動けないいのは腰を痛めてしまったので、仕方がないと思っています。

でも、振り返ってみて、腰を痛めてなくても関係なく同じなんですよね。家に帰ってきたら完全にOFFなにもやらない。だからやってもちゃんとできない。


旦那の比率
仕事:自分のこと:家のこと=8.5:1.3:0.2

私の比率
旦那のこと:自分のこと&まるちゃんのこと:家のこと=2:3:5



最近いろいろなことがしんどいです。「このまま眠りについて一生起きなければ楽なのに…」とかちょっと危ない考えがよぎったりします。

多分先々の不安が多すぎることなんだと思います。

「やってみなきゃわからない。」それって、正しいことなんだろうけど。なかなかしんどいですよね。


なんだかわけのわからない文になっていますね。

このへんでやめにします。

ジブリの音楽を聞きながら少しリラックスさせて就寝しようと思います。

家出

はい。昨晩家出をしてしまいました。プチですが。。。

理由はもちろん旦那。ここ数日のイライラが原因です。


簡単にまとめると以下のことが原因

■自己管理ができていない(何度私が注意しても聞き入れない)
■疲れていると自分のこと家のことすべて後回し
■もめごとが起きた時、何を言っても黙っている。やっと出る言葉は「ごめんね」。(黙っているので何も解決せず。)


私は、旦那に対して【仕事(自分のこと)+α】を望んでいます。それは我がままなのでしょうか?でも私は【自分のこと+旦那のこと+子どものこと+家のこと】を常に考えて生活をしている(していく)わけです。あわよくば仕事もしたいと思っています。正直+α×2くらいと思ってしまいますが、やっぱり仕事をする(そのおかげで生活ができる)以上あまり多くを望んではいけないと思っています。

それなのに現状は、自分のことすらいい加減。そして、仕事が最優先。自分の体より,家族より。

私は、仕事は頑張れば頑張るほど多くの犠牲をはらうことになると思っています。そして、頑張っても100%の評価はされない。そう思っています。だからと言っていい加減にやっていてはいけないし、評価されるためには頑張らなくてはいけません。でも、家族がいる以上犠牲を最小限にする努力をしないとダメだと思っています。自分たちの父親のような仕事だけをしていればいい。という時代(考え方)はもうダメなんです。

我が家は転勤が多いので、親族をあてにすることはできません。だから2人で仕事,育児,家事を協力していかなくてはいけないし疲れていたってやらないといけないんです。もちろん育児,家事の比重は私が多いのは十分承知しています。だからこそ仕事,育児,家事を十分にやっていくには健康でなくてはいけません。つまり『自己管理』ですよね。



昨日の家出先は私の実家だったのですが、その時母親に「結婚するとみんな家族が優先になってどんどん孤立していくよ。とくにおまえ(私)の場合は転勤が多くて、表面上のお友達はできてもそれ以上はなかなかできないだろうから大変だと思う。もめごとの度に家を出ても何も解決しない。だからこそ、夫婦で協力していかなくちゃいけない。」と言われました。

母は過去のことも話してくれて、何もしない父に対してある時あきらめたそうです。そして、育児,家事,仕事をこなし、どんどん追い込まれて余裕がなくなり子どもに対して厳しく当たってしまったとちょっと申し訳なさそうに言っていました。

よく理想の母親像は?と聞かれたら多くの方が自分の母親というのではないでしょうか?

私は、正直なところそうではありませんでした。どうやったら自分の親のようにならないかを幼いことから日々考えていました(今も考えています)。そして、父親みたいな人とは絶対結婚しないと心に決めていました。これに関しては大丈夫だと思っています。しかし、母親としては、まだ未知数。正直不安です。

これから多くの壁やもめごとにぶつかった時、話せる家族,友人もいない。そんな状態になった時、母と同じようにとどんどんストレスをためることになり、最悪子どもに当たってしまうということもありえるわけです。

なんとかそんなことにならないように、自分自身ストレス発散方法を考えたりしつつ、改めて夫婦のあり方を考えなくちゃいけないかなと思いました。


とりあえず、母と話したことでだいぶスッキリしました。

旦那は2時くらいまで起きていたようで、今朝は相当眠そう&腰の激痛で辛そうでした。

なんだか、私は悪くないと思いつつも申し訳なくなってしまい、「ごめんね」と謝ってしまいました。まぁハイリスクの9ヶ月妊婦がとる行動としてはちょっと軽はずみでしたからね(汗)

イライラもどこかへ飛んでいってしまいました。いつもこんな感じ。





カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

にゃじろ

Author:にゃじろ
年齢:31歳

2度の流産天使を経験後日本医科大学にて検査をしたところ

子宮内膜症
抗リン脂質症候群
第12因子欠乏症
黄体機能不全


が判明しました。

詳しい経緯,検査結果はこちらをご覧ください。

カプロシンの自己注射とバイアスピリンの服用で2010年7月20日娘が誕生しました☆

FC2カウンター
ランキング参加☆
記念日






カテゴリ
リンク
妊娠関連
友人が通う病院の助産師さんが薦めていた本です。 必要な情報が網羅されていてかなりおススメです!
不育症関連


お薦め情報
両方とも開始から3年たちますが、我が家の家計を助けてくれています。お勧めです!


↑現在までの換金は37,082円です。

マクロミルへ登録
↑1か月2~3,000円で、現在までの換金は80,000円です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。