スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理入院の保険金給付

本日2度目の更新になります。

3度目の妊娠は、カプロシンの自己注射をするために2泊3日の管理入院をしました。

病室が2人部屋だった為入院費がかなりかさみました。内診,薬代,ベット代,食事代で72,180円かかりました。

まぁその後残念な結果となりましたが・・・

私が加入している保険は3日からの入院にたいして給付金がもらえるので、管理入院の場合で給付されるのか心配でしたが、少しでももらえればと思い申請してみました。

通常書類申請してから、7~10日くらいで給付金が支払われます。

しかし、どうやら保険会社の方で私は調査をする必要があると判断したらしく、面談をすることになってしまいました。

そこでは、紫斑病と日光過敏症と不育症について、いつから発症したのかとか病院はどこにいっているのかなどいろいろ聞かれました。
最後に、私が通院していた病院に話を聞くために、承諾書にサインと押印をして面談は終了しました。


それから、約1ヵ月くらいがたち。正直給付は無理かなぁと思っていました。

しかし、昨日保険会社から通知が届き、入院給付と女性疾病入院給付がついて45,000円の給付金をもらうことができました。

金額は少ないですが、少額でももらえて正直助かりました。次の妊娠のために貯蓄しようと思います。

私は、28歳で今の保険に加入しました。その時すでに子宮内膜症と診断されていたので、子宮の病気については不担保となっています。
それでも、この保険に加入できて良かったと思います。今の私だとどの保険にも加入できないですからね。

万が一の備えとして保険はあると思います。特に女性で子供を授かりたいと思っている方は医療保険には入っていた方が良いと思います。年をとってからの保険の加入は1ヵ月の支払う金額が高くなるので、私は25~30歳の間に加入することをお勧めします。

あっ!!保険屋さんのまわしものではありませんので。あしからず(笑)


スポンサーサイト

管理入院生活

管理入院生活~1日目

10時に病院到着 → 入院手続き → 看護婦さんによる問診 → 採血 → ドクターから問診 → ヘパリン注射の説明 → お昼 → 水を使って注射器に薬を入れる練習 → 昼寝 → 内診 → 夕食 → 旦那が面会にくる → 注射 → 就寝

いろいろあったわりには暇でした。

内診があるとは思っていなかったので、診察台に乗った時はすごくドキドキしました。そして、前日に診察した時より小さかったみたいで、最初新米先生がカメラを動かしていたのですが、途中から別のドクターが動かしました。この時は大きさは確認できませんでしたが、小さなタイノウが確認できました。私としては、まだ4週前半だと思っていたので、予想通りといった感じでした。

注射は、まず、空気を抜くのがすごく難しかったです。針をさすことにはあまり抵抗はありませんでした。それでも、すごく緊張して脇汗がすごかったです。

1日目お昼

↑1日目のお昼御飯です。

病院へ行ってきました~長文です

病院行ってきました病院

受付の看護婦さんに陽性反応があったことをつげるとすぐ検尿するように言われました。

そして、待つこと1時間30分くらい。いつもよりすいてるわりには待たされましたが、番号を呼ばれいつもとは違う診察室に入りました。


先生「尿検査の結果うっすらと陽性がでてますね。とりあえず、お腹の中診ましょう。」

私「は、はい。」


診察台の方へ行って、機械がすごく古そうでちょっとびっくりしましたが、それより久しぶりの内診でドキドキ。

すぐ触診をして、カメラを挿入。

1分もないうちにカーテンが開き、モニターを見せてくれました。

私の計算ではまだ4週と1日なので、何も見えないと思っていたら、なんと!タイノウらしいものが!

内診が終了して、先生からは一言「やれるだけのことをやっていきましょう」とだけでした。
看護婦さんが管理入院をするための病室確認をしている間、先生が画像の写真をカルテに貼ったり、いろいろ記入していたので、写真のタイノウらしきものを再確認したり、記入している内容を見たりしていました。私の気のせいかもしれませんが、タイノウの大きさを12mmと書いていたように私からは見えました。

でも、週数からいって12mmは大きいなぁと思うのですが?まぁ大きいことはいいことかな?

タイノウがこんなに早く見れるとは思っていないかったし、今までの妊娠では5週を越えないと見えてなかったので、すごくテンションがあがりました。それに、タイノウが見えたということは子宮外妊娠と化学的流産の可能性はなくなったといえますよね?

まず、1段階突破びっくりマークと言っていいでしょうかほっあと、少しですが妊娠の実感が湧きました。



さて、入院は明日からになります。どうやら病室が2人部屋しかないらしく差額が生じるそうです・・・。そして、今日の段階でカプロシン注射を購入して、明日入院時にもって行くことになりました。どうしてそうなるのかはよくわかりませんが(汗)

カプロシンは保険適用外になるので、かなり動揺しました。私の口座(日医にはみずほ銀行のATMがあります)からとりあえず3万円おろして、それでも足りるかわからなかったので、いったん病院を出て三菱UFJまで歩いて行ってお金を更におろしました。

結局は、24,876で済みました。


ということで、いよいよ明日から入院になります。

注射は昔からよくやっていたので、特に抵抗はないので何とかなると思います。1年半ぶり3度目の妊娠。今私のお腹の中にいる小さな命を守るためなら、辛くても頑張ります。



これから、入院の準備と私がいない間の旦那の夕食の準備をしなくてはいけません。外食してと言いたいところですが、ボーナス前にかなりの出費になってしまうので、カレーでも作って数日食べてもらいます。旦那にもこれからいろいろと協力してもらわなくてはいけないですね。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

にゃじろ

Author:にゃじろ
年齢:31歳

2度の流産天使を経験後日本医科大学にて検査をしたところ

子宮内膜症
抗リン脂質症候群
第12因子欠乏症
黄体機能不全


が判明しました。

詳しい経緯,検査結果はこちらをご覧ください。

カプロシンの自己注射とバイアスピリンの服用で2010年7月20日娘が誕生しました☆

FC2カウンター
ランキング参加☆
記念日






カテゴリ
リンク
妊娠関連
友人が通う病院の助産師さんが薦めていた本です。 必要な情報が網羅されていてかなりおススメです!
不育症関連


お薦め情報
両方とも開始から3年たちますが、我が家の家計を助けてくれています。お勧めです!


↑現在までの換金は37,082円です。

マクロミルへ登録
↑1か月2~3,000円で、現在までの換金は80,000円です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。