スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費について

今回の妊娠から出産までにかかった費用を簡単ですがまとめてみました。↓


iryouhi
※出産以外は実際に支払った金額です。出産については一時金の直接払い制度をしましたので、実際の支払は記載の金額から42万引いた金額になります。

【以下は日医に限ります】

アスピリンの処方…3ヶ月分毎で保険適用。

カプロシンの処方…28日分処方で保険適用外。1ヶ月に1度在宅療養費27,320円がかかる。同じ月に2回処方してもらうと2回目は薬代のみになる。
カプロシンを処方してもらう日は保険適用で処方してもらえる薬や検査の注射まで保険適用外になるので要注意(だたいは先生が調整してくれます)。
ちなみに、カプロシンは日割りで処方してもらえないみたいです。私は出産後3日目で持っていたカプロシンはぴったり終わりました。

副作用の検査について…当初2週間に1度はカプロシンの副作用の検査をする。と注意書きにかいてありましが、私の場合は初期は何度かしましたが、2週間に1度ではなかったです。恐らく妊娠の経過が良好だったからだと思います(先生には直接聞いていません)。

出産&入院費用について…19日~26日まで。6人部屋(母子同室)で、娘が生まれたのは20日(平日)の昼間だったのでかなり安く済みました。出産したのが平日か休日,昼間か深夜で費用が大分違うようです。それから、私は奇跡的に6人部屋に入れましたが、ラッシュになると入れないこともあるので部屋によっても金額が違います。


以上が今回の妊娠に関わる費用の総括になります。交通費を加えると100万越えです。それでも、私の場合は不育症の治療以外に妊娠に関わるトラブルがかなり少なかったので、安く済んだと思います。振り返るとかなりの優良妊婦だったと思うので…。

ちらほらと助成金をだしてくれる自治体がでてきたようですが、1日も早く全国で助成金が出るようになってほしいですね。
スポンサーサイト

ご報告

ブログを閉鎖して2週間後くらいたったあとだったでしょうか、予定通り生理らしきものがきました。

その日は友人宅で鍋パーティーでした。私の中では翌日から本格的な生理になるなぁという思いでいました。

しかし、翌日になっても本格的な生理にならず、その翌日には茶おりしかでませんでした。

これはおかしいと思い、家にあった最後の検査薬1箱を使うことにしました。

すると、くっきり陽性反応がでました。

やっとベビ待ちお休みするという方向に気持ちを整理した矢先だったので、かなり動揺しました。なかなか現実を受け入れることができませんでした。

しかし、実際に妊娠しているわけで、受け入れる受け入れないは別としてやらなくてはいけないことが私にはあります。

即、中止していたアスピリンの服用を始め、翌日には病院へ受診しました。

内診では2mmのタイノウが確認できました。

翌週からはつわりが始まり、正直何も考えられなくなってしまいました。

7週位まで茶おりが続いていたり、つわりで余裕がないということもりますが、始めて卵黄嚢がみえても、その後心拍が確認できて、初めて母子手帳をてにしても、どこか疑心暗鬼なところがありました。

薬飲んでいれば大丈夫、注射していれば大丈夫という気持ちにもまったくなれません。


昨日3ヶ月最後の検診でした。予定では11w1d。

赤ちゃんは人間らしい形になり、手足を元気よくばたつかせていました。


感動しました。

私のお腹にいるんだという実感がわきました。


きっとこの先も元気に我が子が生まれるまで、疑心暗鬼なところはぬぐいきれないと思います。

でも、手足をばたつかせ「元気だよ。生きてるよ。」と一生懸命伝えてくれた我が子を信じたいと思います。


まだ、つわりが続いているのでしばらくは自分との戦いです。

1日も早くつわりが終わることを祈りつつ、頑張っていこうと思います。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

にゃじろ

Author:にゃじろ
年齢:31歳

2度の流産天使を経験後日本医科大学にて検査をしたところ

子宮内膜症
抗リン脂質症候群
第12因子欠乏症
黄体機能不全


が判明しました。

詳しい経緯,検査結果はこちらをご覧ください。

カプロシンの自己注射とバイアスピリンの服用で2010年7月20日娘が誕生しました☆

FC2カウンター
ランキング参加☆
記念日






カテゴリ
リンク
妊娠関連
友人が通う病院の助産師さんが薦めていた本です。 必要な情報が網羅されていてかなりおススメです!
不育症関連


お薦め情報
両方とも開始から3年たちますが、我が家の家計を助けてくれています。お勧めです!


↑現在までの換金は37,082円です。

マクロミルへ登録
↑1か月2~3,000円で、現在までの換金は80,000円です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。