スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙もろい

どうも妊娠してからというもの涙もろい。

今日は巨人の木村拓也コーチの死去でTVを見ていたらおもわず涙が…

現役時代もその後も全く知らない方だったのに。

そして、はねるのとびらで虻ちゃんが世界ランク5位の選手とボクシング対決。その後公開プロポーズ。なんだか感動して涙が…


普通なら泣かないようなところで涙がでてきてしまう。

情緒不安定なのかなぁ。


明日は転勤後初めての受診日です。

9時に家を出て病院に着くのは11時10分くらい。

電車が遅れなければいいのですが。。。

スポンサーサイト

過去~現在

退職後はちょっと旅行に行ったり、車の免許を取りに行ったりして毎日をのんびり過ごしていました。

すこしづつ家にいる生活がなれてくると同時に我が家の家計は赤い字が見えるようになりました。

最初は貯金を崩しながらやりくりしていました。夫婦共に奨学金をもらっていたのでその返済と結婚式の費用を旦那側の両親に借りたこともあり、総額580万くらいの借金があります。旦那の両親への返済は現在でも手つかずの状態です。

冷静に状況を見ると、子づくりをしても出産費用がない!生活ができない!まずい!ということになり、旦那と相談して週2日でパートに行くことになりました。

現在は、冠婚葬祭などが続き状況は更にひどい状態になっています…。ですが、節約をして少しでも貯蓄ができるようにこれから頑張っていこうと思っています。

子づくりについては、8月から現在まで、頑張っていますがまったく成果がありません。それどころか、生理の周期が乱れ基礎体温もガタガタになってしまいました。。。

2回の流産の原因もわからず、普通の妊娠も先が見えずで、意を決して2009年1月日本医科大学に通い始めました。

まだ始まったばかりですが、私自身でできること(体調管理や節約・貯蓄など)をやりながら、これから頑張っていきたいと思います。

過去の経緯~⑤

過去の経緯~④の続き

私の小さい頃の夢は学校の先生や考古学者,キャリアウーマンなどなどいろいろあったのですが、私の中で結婚をしても仕事は続けるということは暗黙の了解で決まっていました。まぁ母親が働いていたということも影響しているのだと思います。

大人になり、多くの夢のなかで一番近いとしたらキャリアウーマンでしょうか。。。実際はそこまで言えるほど能力ないんですけど(笑)そして、最愛の人と出会い結婚したあとも幼少の頃から思っていた働き続けるという気持ちは変わっていませんでした。


流産を経験するまでは。

私の中ではっきりと仕事に対する気持ちが変化しました。

『お金や自分のこと(社会的地位や働くことで得られる充実感)より大切なものがあるんじゃないの?』

最初は小さな気持ちの変化でした。しかし、会社の状況や自分自身の性格,旦那との喧嘩などいろいろ考えていくうちに、「退職」という文字が浮かんできました。金銭面のことを考えるとかなり葛藤がありましたが、旦那とも相談をして12月いっぱいで退職することを上司に告げました。2007年のことです。

上司に退職を告げたものの私が担当している仕事が新しくシステムを導入することになっていて、ほとんど私一人でやっていたのですぐには辞めさせてもらえないだろうなぁ~と思っていましたが、ずっと私がかかえている仕事が大変なんだと、改善の提案を訴えても取り合ってくれなかったので、上司に状況をわかってもらう為にも良いと思いました。
上司のうろたえた姿はちょっといい気味なんて思ったのですが、その後何人かに説得されて3月までいることになりました。私自身も12月までというのはちょっと無責任かなと思っていたし、辞めるというリミットがついたことで精神的に楽になったので了承しました。

結局仕事の改善はまったくなかったのですが、嫌なことがあっても3月には辞めるからと思い耐えました。2度目の流産後は行き場のない思いをすべて仕事のせいにして過ごしました。

最終的に4月まで更に延長になり、その後は無事退職することができました。

子づくりについては、早く欲しいという気持ちをなんとか抑え、半年はゆっくりして夏くらいから始めようと思っていました。

過去の経緯~④

過去の経緯~③の続き

1度目の流産のあとの私は、ショックと仕事のストレス,結婚式の準備などでヒステリックになったり、突然泣き出したりとちょっと鬱っぽくなっていた気がします。そして1日も早く妊娠したいと思い、結婚式がまじかだというのに3回目の生理終了後即子づくり解禁してしまいました。焦っていたんですね…。そして、奇跡的に(100発100中^^;)妊娠が判明しました。結婚式の1週間前でした。

胸が張るくらいで特にお腹が痛むことも、気持ち悪いこともなかったので、なるべく無理しないようにしようと思いながら結婚式をむかえました。

正直なんとかなるかなぁ~と思っていたのですが、私の考えは非常に甘かったです。

妊娠が判明した時点では、胎嚢は確認できたものの心拍は確認できていませんでした。それで、結婚式も無事終了し8週目に入った時に検診に行きました。1度目の妊娠に比べると胸の張り以外は殆どなにも感じられず、「???もしかして…」と思いもしましたが、あまり悪い方に考えても良くないしと思って楽観的に考えていました。

そして、診察してもらうと胎嚢の形が歪んでいました。稽留流産していました。その場で手術の手続きと手術前の処置をおこない家に帰りました。

2度目ということで、その場では動揺することも悲しむこともありませんでした。頭は意外と冷静で「結婚式前かなり仕事追い込んだからなぁ~」とか「やぱり結婚式は無理だったんだなぁ~」なんて考えていました。

家に帰って、パジャマに着替えて、お布団に入って…風邪引いて熱っぽかったこともあり、ぼーっと天井見ていたら勝手に目から涙がぽろぽろ落ちてきました。帰宅途中いろいろ考え付く原因を頭の中で羅列していました。最後は「なんでだろう?」「どうしてだろう?」がずっと頭の中をぐるぐるまわっていました。

手術後は風邪をひいていたこともあり回復に1週間以上かかってしまいました。

過去の経緯~③

過去の経緯~②の続き

正直心拍が確認できれば不安は取り除けると思っていたので、かなり落ち込んでしまいました。

その後の生活は、仕事が激務になりお腹のことばかり気にしていられなくなりました。併せて、鈍いお腹の痛みや胸のチクチク感、気持ち悪さなどもなくなっていきました。
兆候が消えていくのは仕事が忙しくて前より意識していないからとあまり不安にならないようにしていました。

そして、次の検診の2日前の早朝。いつものように早めに出勤し会社で軽く朝食を取りながらメールチェックなどをして、そのままミーティングに。ミーティングの間パンツに湿り気を感じオリモノかな?と思いながら、終わったらトイレに行こうと思いました。特にお腹が痛いとかなかったのであまり深刻に考えていませんでした。

ミーティングが終了しオリモノシートを持ってトイレに行くと、生理のような出血が…

どれぐらい呆然としていたかわかりません。我にかえって同僚に状況をはなして、病院に行くことに。

通院している病院にTELしたところ、会社から病院は遠く状況から近くの病院にとりあえず行ってくださいと看護婦さんに言われ、言われるがまま近くの病院に。

診察の結果稽留流産と言われました。その時点では頭の中が真っ白になってしまい先生の話を聞くことも考えることもまったくできませんでした。診察後お会計を済ませ、旦那にメールで状況を伝えるとすぐTELがきました。旦那の声を聞いた途端涙が溢れて止まらなくなってしまいました。

その日はすぐ家に帰ってずっと横になっていました。悲しくて悲しくて涙がとまりませんでした。

翌日通院していた病院に行き手術の手続きをして、翌日手術をしました。私たちの初めての赤ちゃんはいなくなってしまいました。


手術後は仕事が忙しいこともあり、2日後には出勤しました。



カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

にゃじろ

Author:にゃじろ
年齢:31歳

2度の流産天使を経験後日本医科大学にて検査をしたところ

子宮内膜症
抗リン脂質症候群
第12因子欠乏症
黄体機能不全


が判明しました。

詳しい経緯,検査結果はこちらをご覧ください。

カプロシンの自己注射とバイアスピリンの服用で2010年7月20日娘が誕生しました☆

FC2カウンター
ランキング参加☆
記念日






カテゴリ
リンク
妊娠関連
友人が通う病院の助産師さんが薦めていた本です。 必要な情報が網羅されていてかなりおススメです!
不育症関連


お薦め情報
両方とも開始から3年たちますが、我が家の家計を助けてくれています。お勧めです!


↑現在までの換金は37,082円です。

マクロミルへ登録
↑1か月2~3,000円で、現在までの換金は80,000円です。
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。